ADHD(注意欠如・多動症)とは何か。どんな発達障害なのか。

ADHDという発達障害を自覚するまで。

私、カナリはADHDと診断されて実際に障害者手帳所持者ですが、発覚したのは30歳代になってからです。ですので、おとなになってからADHDだと診断された人間の視点からお話していきたいと思います。

私と同じようにおとなになってからADHDと診断された方や、診断はされていないけれどご自分をADHDと疑っておられる方のご参考になると嬉しいです。

ADHD(注意欠如・多動症)の発達障害はどういったものか。

ADHDという障害に気づくまで。

「ADHD(注意欠如・多動症)」の人は普段どんな生活を送っているのか。自分の発達障害に気づいたのはいつなのか…について、今回はお話したいと思います。


私、管理人のカナリの場合は、ADHDに気づいたのは結婚して出産した後です。

そもそも、私は子供の頃から勉強ができない、じっと出来ない、忘れ物ばかりなど色々親を困らせている子供だったので、当時病院に行っていれば余裕で診断されていたと思いますが、おそらく、親が気づかなかった、もしくは、気づいていたけど認めたくなかった・何かしらの対処が面倒くさかったんだと思うんですよね。子供が自分で自分の発達障害に気づくのって多分凄く難しいと思うんで、あえなくそのまま成長してしまった感じです。

私の経験を踏まえて言うと、もしお子さんに発達障害の兆候が見られたら、まず落ち着いてお子さんの様子を観察して、然るべき医療機関を受けさせるべきなんじゃないかなぁと思います

私の妹はおそらく健常者ですが、妹が出産した幼稚園児の男の子は、発達障害の兆候が見られると幼稚園側から言われたそうで、妹は慌てふためいてしまって、発達障害当事者である私に根掘り葉掘り聞いてきましたんですが、かなり取り乱した様子でした。おそらく、可愛い一人息子が発達障害だと言われたことが相当ショックだったんでしょう。

その気持を考えると辛いのはよくわかります。ADHDなどの発達障害があると、その人生がとても生き辛くなってしまう。だからこそ、取り乱した後はしっかりと子供さんの将来的な事を考えながら行動してほしいと思います。私自信のケースでは、親が私を普通の学校に通わせて普通の子供として育てましたが、成長過程で出来ないことが多くい事に気づいてとても辛くて息苦しくてたまらなかったので私個人としては、障害者学級に通わせてほしかったと思っています。なぜなら、障害者学級は生き辛さを解消するためのサポートがある事と、自分自身の障害を納得しながら向き合えると思ったからです

ただ、私は普通学級で苦労しながら大人になった側なので、障害者学級で育たれた側の方のご意見も聞けたら良いなと思います。

自分がおかしいと思ってから、管理人カナリはどうしたか。

話が少し逸れてしまったので戻します。とにかく、私は普通に生活するのが凄く苦手で、掃除はできない、料理も苦手、人の話がうまく聞けないなどの問題点が多かったため、夫にかなり負担をかけていたと思います。でも、私自身がその「夫に対してかけている多大な負担」に気づいていませんでした。夫は怒りっぽい人だ、位の認識だったと思います。

ただ、結婚して、生活しているうちに、あまりにも出来ないことが多いし、料理をしたら必ず毎回どこか怪我したりやけどしたりしている。これって普通じゃないんじゃないか、と思い、結婚5年目くらいにまず家から近かった心療内科を受信してみることにしたんです。

病院に行って診断された内容。

先生、私、すぐドジするし料理の時に怪我をしやすいんですが。周りをすぐに怒らせてしまうから、そのせいで緊張して失敗するんじゃないかと思うんです。それから、それから…


心療内科に行くと、年配の男性の先生が私の堰を切ったように話す要点の定まらないような話を聞いてから、おもむろに何かの紙を取り出しました。それは、何かのチェックシートでした。それを私に手渡しながら、先生はこう言いました。

これをやってみなさい。


私はよくわからないままに、そのチェックシートで自分の状態をそのままイエス・ノーで答えていきました。その結果を暫く眺めた先生は、私に向かってこう言いました。

貴方は発達障害ですね。おそらくADHDです。こりゃあ、周りは相当大変だったでしょう。周りが怒ってしまうのは多分貴方が原因だと思いますよ。


この言葉は今でもしっかり胸に突き刺さっています。私の周りには怒りっぽい人が多いと思っていましたが、そうではなく、私が人を怒らせやすい人なんだと指摘されたんですから。びっくりしたし、ショックだったし、病院を出てからは泣きながら帰りました。自分は、もしかしたら自分は鬱かもと思って相談に行ったのに、意図せずADHDだと診断されて、障害者なんだと突きつけられて、息苦しくて死にそうだったんですよね。

だから、その病院に二度と足を運ぶことは無く、ADHDだと診断された事実には蓋をして、聞かなかったふりをして普通の人間として生活することを選びました。でも、後から考えると、この選択は大きな間違いだったと思いますので、その根拠も踏まえて次回の記事よりお話していきたいと思います。

ADHD当事者の方で色々気になることがある方、ご身内や親しい方にADHDの方がおられて聞きたいことがある方などは、お気軽に連絡フォームからお声を書けてやってくださいね。

人によって自分の障害に気づくタイミングは違うと思いますが、私の場合は結婚してからでした。次回は、診断を受けてからどういう生活を送っていたかをお話していきたいと思います。

キーワードに「ADHD」が含まれる記事一覧。

キーワードに「ADHD」が含まれる書籍。

注意欠如・多動症ーADHD-の診断・治療ガイドライン第4版 [ 斉藤万比古 ]