粉石鹸と液体石鹸

新型コロナウイルスが猛威をふるい、ウィズコロナになってから長くなってきました。

ちょっとショッピングモールに出かけてお店に入ると消毒。お店を出ても消毒。隣のお店に入る時も消毒。相当に手をイジメていると思います。かくいう私も、もういい加減嫌になってくるほど手がヒリヒリしてきました。主婦の場合は普段から食器洗いとかするから余計こそ加速するんだと思います。

新型コロナと手指の消毒は切っても切れない。

こういう暮らしの中なので、なんとなくコロナ対策には消毒が有効打って思い込みがちですが、石鹸で洗うだけでもコロナウイルス対策には有効です。私も普段から消毒し過ぎで手がちょっとひび割れて来てるので、家では普通に石鹸でだけ手洗いしています。

以下は、GIGAZINEというニュースサイトの記事「 なぜ新型コロナウイルス対策に「石けん」が最強なのか? 」からの抜粋です。

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスへの感染を予防するには「とにかく石けんを用いた手洗いに尽きる」と呼びかけています。世界各国の研究機関が全力で新型コロナウイルス対策に乗り出している中、「なぜ画期的な新技術や強力な新薬ではなく、昔から身近に使われていた石けんがウイルス対策に効果的だとされているのか」について、専門家が分かりやすく解説しています。


ウイルスの粒子は一般的に、エンベロープという膜で保護されおり、このエンベロープの多くは脂質二重層でできています。脂質二重層の組織はまるで面ファスナーのようにがっちりとかみ合っているため物理的に分解することは困難ですが、分子同士は非共有結合でつながっているので、化学的な結合力そのものは弱いのだとのこと。

そして、石けんには脂質を溶かしてしまう作用があるので、石けんにさらされたウイルスは「トランプで作ったピラミッド」のように簡単にバラバラになってしまいます。これに、石けんが手の表面から汚れを除去する効果も加わるので、石けんはウイルス対策にうってつけだとのこと。

ドラッグストアなどには手洗い用の石けん以外にも、抗菌作用などをうたったさまざまな製品がありますが、「それらはウイルスの構造にはまったく影響を与えないので、普通の石けんには勝てません」とサンダーソン氏は指摘。多くの衛生用品は「石けんの高価なバージョンに過ぎません」と断じました。なぜ新型コロナウイルス対策に「石けん」が最強なのか? – GIGAZINE

ただ、石鹸を使った手洗いなら手の皮膚に優しくて安心安全ってわけじゃなくて、石鹸だって手荒れはするし、粉石けんに至っては粉飛びしやすいのでくしゃみが出やすいんですよねぇ。一概に石鹸が良いとは言い切れないんですが、コロナ対策にアルコールや塩素系の消毒薬を使いすぎるよりは、石鹸で手を洗うほうが優しいのかもって思います。 

ところで、普段から石鹸を使っていますか?

私は普段から食器洗いもすべて石鹸で行っていますが、何ら問題はありません。むしろ洗った後の食器から香料の不愉快な臭いがしないのでとても快適です。

以前は普通に香り付きの食器洗い洗剤を使っていましたが、あれ、臭いが取り切れないんですよね。箸の先からオレンジの臭いがする不快感、あれは忘れられない…料理が何を食べてもオレンジ味になった気がして気持ち悪かったです。…って、横道にそれましたが、石鹸って世の中に過小評価されがちなんですよね。

でも。

でもですよ。本当は、すごく万能で各家庭に無くてはならないほど優秀なアイテムなんです。実際、我が家は石鹸がないと立ち行かない。でも、世の中石鹸がどんどん廃れていっている。ここに来て、石鹸がウイルス対策に有効っていうのは私にとっては有り難いニュースでした。もしよかったら、どんどん石けんを買って消費していただきたいです。このまま石けんの良さが見直されて、合成洗剤を駆逐する勢いで石けんが優勢になってくれたら良いなぁ…なんて思います。

手指消毒で困っている人、石鹸で手を洗ってみませんか?

石鹸は、比較的手指に優しく手を清潔に出来る手段だし、とても簡単に手に入ります。最近は紙石鹸などもありますので、使ってみるのもいいと思います。

楽天市場よりおすすめ石鹸

ミヨシ石鹸 無添加お肌のための液体せっけん(5L)【イチオシ】【spts12】【ミヨシ無添加シリーズ】